あなたは大丈夫?脳ドックで検査をしよう!

d7e784dc5b35f812d4028eff61263997_s

日本人の死因の上位を常にキープする脳卒中。
近年ではメディアなどでも大きく取り上げられ、
知名度はアップしてきています。

現在、日本には120万人以上の脳卒中の患者さんが
存在する可能性があり、欧米に比べても日本人は
脳卒中になりやすいとされています。

高齢化社会がすすむにつれて患者さんの数も増え、
社会保障の面でも重要な問題となっています。

そこで今回は、そもそも脳卒中とはなんなのか、
予防するにはどうすればいいのか
さらにいま注目の最新脳ドッグについて
ご紹介していきたいと思います.

とっても大変?脳卒中の症状とは?

98714241e93a7a5aa2fc334a21a789ab_s

脳卒中は障害が起きた部位によって
さまざまな症状を発することとなります。

ただし多くの方に当てはまる症状としては、
「ろれつが回らない」「言葉が出てこない」
「片側の手足の痺れ・動かし辛さ」
が初期症状として挙げられます。

脳卒中のなかでも「くも膜下出血」では
後頭部を鈍器で思い切り殴られたような
激痛で発症される方もいます。

その後は重症度により症状は異なってきます。

意識障害、手足・体幹筋の麻痺、平衡感覚の欠如、
視野欠損、認知症など…
後遺症が残らない方もいれば、重い後遺症により
リハビリや介護が必要になったり、
寝たきり生活になってしまう方もいます。

脳卒中予防に脳ドッグを活用しよう!

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

脳卒中の予防には脳ドッグが大変有効です。

症状のない「隠れ脳卒中」の早期発見など
より重症化しないための検査としても使えます。

脳ドッグでは主にMRIとMRAの検査を行います。

MRIは磁気と電磁波により、脳の断面図を多方面から
チェックし、小さな脳梗塞も発見できる検査です。

CTとは異なりX線を使わないため、
放射線による被爆の心配がないメリットがあります。

MRAは血管を立体画像としてみることができ、
動脈瘤や血流が細い部分の発見に優れています。

費用は医療機関により異なりますが、2~6万円と
内容により幅があるようですね。

安いプランでも、MRIとMRAで脳梗塞・動脈瘤の
有無やリスクについては調べることができます。

本当に脳ドッグって、怖くない?

m010483

脳ドッグは非侵襲的な検査ですので、痛みは
ありません。

しかし、MRIは20分ほど閉鎖的な機械に入って
検査をすることになります。

閉所恐怖症の方にとっては、苦痛な検査ですよね。

最近ではそんな方も受けやすい、オープンMRIという
検査方法を取り入れた医療機関があります。

その名の通り、広く開放的な環境で検査ができます。
頭を覆われないので、安心して検査を受けられますよ。
狭い場所が苦手な方には朗報ですね!

ぜひ脳ドッグをして、自分の身体のリスクを
しっかり把握してみてはいかがでしょうか?

恐ろしい病気の脳卒中!命の危険もある?

e17b9ca7d8c607938a2a28d0195db67d_s

命を取り留めたとしても後遺症に悩まされる脳卒中
ですが、脳卒中には3種類の病気があります。

脳の血管が詰まり脳細胞が死んでしまう脳梗塞。

脳の血管が破れ出血してしまう脳出血。

脳の血管にできた動脈瘤が破れるくも膜下出血

医療が進歩し日本人の死因では4位に下がりました。
ですが、後遺症に悩まされてしまいます。

長期のリハビリを余儀なくされる病気でもあります。
そんな脳卒中には早期発見、早期治療が重要です。

早期治療で後遺症を残さずに過ごすことも可能です。
脳ドックではMRIなど検査機器が進歩しました。

機器を駆使して早期発見を行う事ができます。
早期発見の為の脳ドックのお話をさせて頂きます。

脳ドックでの検査方法はわからない?

b61a9aed89f6d5d76113c931b20936c8_s

一般的な脳ドックでは次のような診察と検査を行います。

・医師の問診と診察
・血圧測定と血液や尿の検査
・頭部MRIや頭部MRAなどの画像検査
・頚動脈エコーでの首の血管の検査
・心電図測定や脳神経の検査

これらの検査を総合して脳の中の状態が
どのようなものかを把握していく必要があります。

多くが1日入院から外来での検査で対応しているます。

気になりますよね?脳ドックの費用!

2e9dc88e914540f05651e4e647b4a175_s

病院により費用の面で検査の項目を省く事もできます。

脳ドックは保険適用外の為
病院によって費用は様々です。

通常は40000~50000円
が適切な値段と言えます。

頭部MRIや頭部MRAなど
画像検査のみの対応もあり。

この場合20000~30000円で行う病院もあります。
血液検査以外は痛い検査はありません。

ですが、待ち時間も合わせると非常に疲れてしまいます。

可能でしたら翌日はお休みを取られる事をお勧めします。

脳MRIと脳MRA、名前が似ているけどどんな検査?

m030575

どちらもTVなどで1度は聞いた名前だと思われます。

関心のある方は、MRIは知っている方も多いのでは?

2つはどちらも電磁波を使う検査です。

外から体の中を透視する事で異常を発見します。

レントゲンとは違い放射線被曝の心配もありません。

MRIは脳そのものを映し出す検査です。

気づかない小さな脳梗塞や脳出血を見つけ出します。

他にも脳腫瘍などの異常を見つけ出せます。

また、認知症の前兆を見つける事が得意でもあります。

意外と知られていない?MRAの本質とは?

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

MRAは血管だけを映し出す検査です。

脳梗塞直前の細くなった血管を見つける事も可能です。

また、破れてしまうとくも膜下出血になる脳動脈瘤。

この脳動脈瘤を破れる前に見つけ出す事が可能です。

人生の大惨事になる脳卒中。

その予防のために是非脳ドックの受診をお勧めします。

全国各地

脳卒中は患者だけでなく周りも大変!?

e17b9ca7d8c607938a2a28d0195db67d_s

小学校の頃、教頭先生がくも膜下出血により
自宅で倒れそのまま亡くなったという話を
全校集会で聞いたのがきっかけで、
脳の病気はとても怖いものだと思いました。

自分は当時小学2年生だったので一体どういった病気か
分からず母に聞いてみると、脳の中で血管が切れて
しまい意識がなくなってしまい、そのまま
亡くなってしまう事が多い病気であること。

意識が回復したとしても今まで通りの普通の
生活を暮らすのはとても大変な事なんだよ
というような事を分かりやすく教えてくれました。

いわゆる高次脳機能障害のことを
話してくれたんだと思います。

しかし教頭先生はそのままお亡くなりになりました。

脳卒中で絶命する危険!家族・周りにもダメージ?

21e1efc95ca337e6a0ba8cacc1097e99_s

脳卒中での死の衝撃は子どもながらにして絶大でした。

恐らく先生はまだ50代にもなっていなかった
ですし、とても優しい先生だったので
他の生徒も落ち込んでいました。

連休あけの全校集会での報告だったので詳しい事や葬儀
など無かったのですが、生徒それぞれが自分の
家族について心配するようになりました。

もし自分のお父さんお母さんが急に倒れて死んで
しまったら、障害を持って働けなくなってしまったら…。

自分がどうなるかなどの不安や恐怖に
駆られて空気が重くなっていました。

脳卒中の予防のための最善の選択!!

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

もちろん私もそんな空気に飲み込まれ、父と母に
くも膜下出血を防ぐ事は出来ないのか、
どうすればいいのかなどたくさんききました。

しかし親は心配ないとなかなかと
取り合ってくれませんでした。

私は数年経っても忘れる事が出来ず、当時学校には日記
を毎日書く制度もあったので先生に聞いたりもしました。

あなたに意味が分かるかわからないけど、
mriという検査の方法もあるのよという
コメントをくれた日もありました。

高学年になった私は自分なりに調べ、
夏休みの研究として報告をしたりもしました。

すると脳の病気はリハビリをしても回復はきわめて困難で
再発の可能性も高いということも分かってきました。

脳ドック検査での予防の対象は全員!?

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

一生懸命研究をした結果、そのがんばりを認めて
もらえたのか、父と母二人でmri検査に行って
くれたのは今でも誇りに思っています。

特に異常もなく安心したのですが、あのとき
教頭先生の話しを聞かなければこんなに
興味を持つ事も勉強する事も無かったなと思います。

少しでも脳出血による病気を防ぐ為に、少しでも
異常を感じたら検査に行ってほしいという
気持ちは今でも変わりません。

脳ドックは脳卒中(脳梗塞、脳出血)を
防ぐ最善の選択肢なのです。

脳卒中の予防は脳ドックの重要性!!

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

脳の病気と聞くとまず思い浮かべる
ものは脳卒中だと思います。

脳卒中というものは、くも膜下出血、脳内出血、
脳梗塞のことを総称して、そのように呼びます。

脳梗塞の中にも細かく分類があり、
「アテローム性血栓性脳梗塞」「心原性脳梗塞」
「ラクナ梗塞」があります。

アテローム性血栓性脳梗塞については、おもに
動脈硬化が原因となって起こる脳梗塞です。

高血圧や糖尿病、加齢によっても動脈硬化が
進むのでリスクは高くなります。

心原性脳梗塞は、心房細動や弁膜症といった病気が
ある人に起きることが多く、心臓での血流が障害
されることで血栓が生じて、それが脳の血管に
流れていき、詰まらせてしまいます。

脳卒中の各々の疾患の特徴とは!?

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

大きい血管が急に詰まるので、脳梗塞の
範囲は広く、重症化するケースが多いです。

ラクナ梗塞は、脳の中の細い血管が
詰まることで起こる病気です。

細い血管が詰まるので脳梗塞の
部位は比較的小さいです。

症状は、脱力程度だったり、無症状
だったりすることもしばしばあります。

こういった脳梗塞に対する治療についてですが、
まず完治させるための治療はありません。

なぜならば、脳梗塞を起こしてしまった
脳細胞は死滅して回復することができないからです。

脳梗塞の治療は色々!?

b61a9aed89f6d5d76113c931b20936c8_s

では、病院では何の治療を行っているのかというと、
これ以上脳梗塞が広がらないようにすることや再度、
脳梗塞が起こらないように予防的治療を行っているのです。

使用する薬剤については、点滴としては、血栓を
作られないようにするためにヘパリン投与が一般的です。

病態によってはアルガトロバンやオザグレル
ナトリウムを使用することがあります。

脳梗塞になりかけている部分を保護する
ためにエダラボンの点滴も行います。

内服治療については、アスピリンやクロピドグレル、
ワルファリンなどを病状に合わせて選択していきます。

前述にも述べたように、脳梗塞を
完治させる方法は現在ありません。

脳梗塞は完治させるよりも予防の脳ドック!!

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

一番大事なのは脳梗塞にならない
ように予防を行っていくことです。

高血圧や糖尿病のある方、また、動脈硬化は血管の
老化も関係しますので、体調の気になる方は
一度脳ドックを受けてみてはいかがでしょうか?

脳の血管の状態を把握することもできますし、
脳だけでなく採血やその他検査もセットに
なっているので、全身の状態も知ることが
できますのでお勧めできる検査です。

予防のためにまず脳ドック、早めに行きましょう。

TIAの重要性!あまく見ない方が良いですよ!

m010121

脳梗塞とは一般的には発症してからではないと自覚症状
がなく、気が付かないことが多いと言われています。

では、早期発見することができないのかと
いうと一概にはそうとは言えません。

脳梗塞の前兆と呼ばれる症状が
現れることがあるのです。

それは、TIA(一過性脳虚血発作)です。

言葉の通り、脳に流れる血液の量が一過性に悪くなる
ことで、片方の手足が動かなくなったり、痺れが
出たり、さらに、呂律が回らない、言葉が
出てこないなどの症状が現れます。

しかし、これらの症状は24時間以内には消失して、
普段と変わらない状態へと戻ります。

TIAは脳卒中の指標として重視!

07a64e5e43bea38f53b56b84290818d0_s

少し調子が悪いから、横になって休んでいたら、良く
なったので何も気にも留めなかったと人も多いのです。

原因としては小さな血栓が脳の血管に流れて詰まり、
血流が途絶えることで脳機能が低下し症状が出現します。

もちろん、血栓が詰まった
ままの場合は、脳梗塞になります。

しかし、TIAの場合は、血栓が小さかったり、
詰まり方が不十分であり、その血栓は
溶けてなくなり、再び脳への血液の流れが始まります。

そうすると、その部分は脳機能を
回復させ今まで通り活動を始めます。

症状が何も出なかったから安心だと
考えるのは、大きな間違いだといえます。

本当の前兆!?TIAを見逃すな!!

a7530b3fb47e4c0b85fe1d3fa2dbc11e_s

このTIAこそ、脳梗塞の前兆だと言われています。

事実、TIAを起こした人の1割は1年以内に脳梗塞を
発症し、5年以内で考えると、3割もの人が脳梗塞を
発症しているというデータもあります。

脳梗塞を発症してしまうと生命に関わったり、
手足が思うように動かなくなったり、言葉が
出なかったりといった日常生活に影響を及ぼす
ような後遺症が残る可能性があります。

脳梗塞になる前に予防していく必要があります。

そういった脳梗塞になる可能性がある
リスクを検査できる方法に脳ドックがあります。

脳ドックでは、頭部MRI・MRAなどの脳の検査は
もちろん、血圧測定や採血など脳梗塞の要因と
なる高血圧や糖尿病などの発見もできますし、
生活指導も受けることもできます。

少しでも早く異常に気付き、効果的な予防対策をとるため
にも一度脳ドックを受けることをお勧めします。

脳ドックの必要性!その種類について

21e1efc95ca337e6a0ba8cacc1097e99_s

現代社会では、高齢化に伴って健康の
意識が強まってきていると思われます。

人間ドックや脳ドックと検査の内容や項目は多種多様に
ありますが、脳ドックについて少しでも
お役に立てれたらと思います。

脳にも健康診断のように定期的な
診断や検査が必要になってきます。

筋肉痛や風邪は自覚症状があり、予防や受診を
早めに出来ることに対して、脳の疾患は、
自覚症状が無いのがほとんどとなっています。

健康な時に受けとくべき脳ドック!!

fc0827f351a1f069a316268a7650fc19_s

自覚症状がないことに対して、どのように予防していくか。

それが脳ドック必要性になります。

早期発見は、病気の予防に効果を発揮します。

脳ドックというと、抵抗があるかもしれませんよね?

簡単に言うと、脳の健康診断って楽に考えてみてください。

検査項目は、血液検査やMRI、頚部のエコーや
CTといったのが代表的に上げられます。

脳の病気は発症するまでは無症状で、発症すると
重大な疾患や命にかかわることがあります。

それらを未然に防ぐために脳の
健康診断(脳ドック)があるのです。

料金も色々!時間も色々な脳ドック!

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

脳ドックに要する時間は、人間ドックは4~5時間
かかるのに対して、脳ドックは2時間少々と
半分の時間で受診することが出来ます。

また、簡易脳ドックというのも、最近はできて、こちらは
MRIと画像診断だけの検査で、30分程度で終わります。

費用は、4~9万円程で受けることが出来ます。

簡易脳ドックは2万円前後とされています。

受診や検診の時期やタイミングは、
年に1回が推奨されています。

それ以外にも、肥満や高血圧、脂質異常賞や糖尿病の
疾患がある方は、脳梗塞や脳出血のリスクが
ありますので、年に2回の受診も考えてみてください。

脳ドックの検査での最大の有用性

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

脳ドック最大の効果は、なんといっても
脳の病気の早期発見これに限ります。

脳の疾患で日本人の死因
第4位に脳卒中が入っています。

脳卒中の中には、脳梗塞や脳出血、
くも膜下出血が含まれます。

それらをいち早く発見できるのが、
脳ドックというわけです。

発症によっては命にかかわることもあり、命が助かった
としても、脳に障害が残るとされている疾患です。

40歳を過ぎていられたら、発症のリスクも増加して
きますので早めの受診をお勧めします。

脳ドックは誰にしも必要!できるだけ早めに!

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

脳ドックとは、脳の健康診断で、重大な
脳の疾患の早期発見に役立っている検査です。

種類には脳ドックや簡易脳ドックがあり、
受診に対しての所要時間も、短くなっています。

また、近年の医療の進歩により、細かな画像診断も
出来ますので、まだ脳ドックをされていない方や、
少し様子がおかしいなと思われている方などは、
特に受診をされる方がいいと思われます。

すでに未破裂脳動脈瘤、無症候性脳梗塞などの
脳卒中のリスクを持つ方もいるのではないかと思います。

いち早く見つけられるのは脳ドックだけです。

^3A86A9E270D66A61EECF1A6FA7E80729682FD9DD1C9A387CEA^pimgpsh_fullsize_distr

脳ドックの検査の必要性!!

94cfc9707fe2021e85909afbbab7cf81_s

脳ドックを受けることに、抵抗は
少なからずあると思います。

この記事を読まれて、少しでも脳ドックについての
理解や共感をしていただければと思います。

脳ドックを受けるということに関し、脳ドックは、脳の
健康状態の把握を行う専門の検査内容になっています。

脳梗塞や脳出血、くも膜下出血や脳腫瘍と様々な
脳の中の疾患を発見することや、それに
伴い疾患の予防をすることができる画像診断になります。

主に脳ドックで使用される検査は、CTと
MRIによる画像診断となっております。

脳ドックを受けるにあたって、基準というのは特に
決まっていませんが、40代の方や50代の方は
特に注意をしたほうがよいとされています。

あなたを襲う脳卒中!いきなり来るのです

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

脳の病気は、自覚症状というものが、
特に少ない疾患の一つと言われています。

自覚症状がなく、いきなり起こってしまうのが
脳の疾患の怖いとされている所以です。

自覚症状がないと、防ぎようがないですよね。

その為に、定期的に脳ドックを受ける必要があるのです。

定期的に検査をしていることによって、何かあれば、
早め早めの対策やリハビリができるからです。

脳の疾患は、発症し倒れてしまったあとは、
後遺症や最悪の場合、死に至ることもあります。

特に痛い検査でもないので、時間を作って
脳ドックの検査をすることを、切におすすめします。

なぜ、40代や50代に脳卒中が多いのか!?

de6350f1e8ded9a75ec67726982913bf_s

それは、ストレスや生活習慣の乱れの
ガタが出て来る年代になっているからです。

仕事での役職や、不規則な
生活が積もってしまうのです。

日頃の生活習慣の改善は、大前提ですが、
目に見えない部分なので可視化するのも、
脳ドックのいいところだといえますよね。

脳ドックの選び方として、高血圧、肥満、脂質異常症
等の疾患がある方は注意が必要です。

自覚症状がない場合が多いので、
定期的な受診を心がけて下さい。

受診や検査を何がそこまで気持ちを億劫にするのか?

e7b9c72bde55d2302459460c74510bf7_s

内容がわからないからだと思います。

わからないっていうのは、それだけで怖いですよね。

少し説明をしていきます。

脳血管疾患には、脳梗塞や脳腫瘍と様々な疾患が
あるに対して、検査はいたってシンプルです。

頭部や頸部のCTやMRIでの画像診断になります。

検査自体はシンプルですが、効果は大きく、
疾患の早期発見におおいに役立っています。

検査に痛みはなく、横になっているだけで
終わりますので、特に心配する必要はありません。

脳ドックに対する不安ではなく、自身の身体を
知るのは怖いことなのかもしれません。

ですが、病気を発症すると
大変なことになってしまいます。

早めの脳ドックの検診をお考えください。

脳ドックでの予防の大切さ!!

bdbba8a488ee1e1ddfe3f6381b25c995_s

脳ドックについて、みなさんはどうお考えでしょうか?

自覚症状がないから大丈夫、今度の検診で
行けばいいか、まさか自分がなるとは思っていない。
と様々な理由をつけて、後回しにしていませんか?

脳の疾患は倒れてからでは、
症状が出てからでは遅いのです。

早め早めの受診や検査が、
一命を取り留める事になります。

問診だけでは分からないことも、MRIやCTを
用いた画像診断ではしっかりと、
病状や現在の脳の状態が把握できるのです。

脳ドックに行くと、脳卒中や脳梗塞、
クモ膜下出血の予防や早期発見ができます。

脳ドックでいち早く発見!いち早く予防!

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

早めの予防のためにとの、脳ドックですが、病気が
発症してからのリハビリに対しても、早期発見時の
ほうが、格段に社会復帰するまでの期間が短縮されます。

喫煙をされている方や、脂質異常症と診断された方、
日頃のストレスが溜まっている方等は、早めの
受診をして、自分の体調管理の一環とお考え下さい。

脳の病気は、自覚症状がないものが多く、
毎日を生活している中では、気が付かないものです。

これらの病気には予防がとても重要になってきます。

生活習慣や、食生活、何気に
気をつけることはたくさんあります。

それを行っている中でも、脳ドックという目で見える
診断方法と言うのは、必要になってきます。

脳ドックで検査!脳ドックで解決!?

cf6aef3492dee4f5f48ed28ddfd36c39_s

最近では健康意識の増加で、年齢や性別に関係なく、
脳ドックを受診されている方が増加傾向にあります。

「数をこなせば技術は上がる」ではないですが、
病院の検査技師に関しても、利用する方が
多いほど判断能力が上がってきます。

その中で、見失いがちな細かな症状も発見できる。

最新の医療技術も手伝って、脳ドックの必要性や
信憑性は、今後もどんどん上がってくると思います。

脳の疾患は目に見えませんので症状がない
からといって大丈夫ではないのです。

発症する前の予防に、自分が健康で
いられる保険に、少しの時間を作って下さい。

自分のために家族のために、
脳ドックの受診をおすすめします。

最新の設備が整っていますので安心して利用できます。

脳の健康維持を保つには!脳の定期健診である脳ドックは強い味方!

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

年1の健康診断には脳ドックも必須

今や健康診断は健康維持の為には欠かせない物です。

この健康診断、定期健診は会社で行う方法と
他にも個人で行う人間ドックがあります。

それとあと自治会の健康診断も含まれています。

なぜ健康診断が必要になるのか?

普段は健康体で運動もしてお酒も美味しい生活を
している方でも内臓は外からは見えないのです。

もちろん、大きな病気などは血液検査
では異常が出ない場合が殆んどになります。

成人病では検診は必須なものになるのです。

今や成人病に続き癌もトップに!

m030449

成人病では、血液検査や尿検査はもちろん、
内臓器官は特にチェック項目になります。

胸のレントゲン、心電図、他には消化器になり
食道から胃へ十二指腸と早期の疾患もより
早く発見できるので安心です。

それから大腸にかけては、大腸ガンの
発見も今や便採集で簡単になりました。

それぞれ人の身体は色んな病気を
発症するリスクを持っています。

一般の健康診断に脳は項目にない!

ae803b7b93fe06891bb01cc064949670_s

そうなんです。

実は、一般の健康診断、癌の検診も自治体の
検診も脳の健康診断は含まれていないのです。

体以外の顔にかけては目の検診は含まれています。

それは眼底検査になり、目の病気である
緑内障や白内障の定期健診に、それから
体の中で一番に細い毛細血管は眼球にあります。

なので、眼底のカメラでいち早く動脈硬化や
糖尿病の早期の発見も可能になるのです。

身体は健康なのに、しかし脳の疾患で病になった~

d0fd718dc69a2ea12ed8a34184f39c95_s

そうなんです。

身体だけは自信もあり体力もあり、大病もしたことが
ない等そんな方は多いのですが、ある日脳卒中で病に
倒れるなんて方も多くいらしゃいます。

これだけは、やはり体内の異常を発見する
為には、脳の定期健診を受診するしかありません。

今や脳の検診を受診する方は年々増えているのも現状です。

脳疾患でも、みなさんご存知なのは、脳の血管が
詰まる脳梗塞や脳の血管が切れる破れる等の
脳出血があり、腫瘍等も含まれます。

しかし、この疾患も人間ドックの
画像診断により早く発見が可能になったのです。

脳の病は脳ドックで早期発見が出来る!

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

脳疾患の症状には、片側手足の痺れ麻痺、半身麻痺、
言語障害~喋りにくい呂律が回らない等があります。

重度の場合には意識障害で倒れて
搬送される人も少なくないのです。

しかし残念なことに症状が始まって診察にこられる方の
予後は後遺症が残る場合が殆んどになります。

脳疾患は内臓疾患と違い、後遺症が
残るので恐ろしい病になります。

しかし、近年では脳ドックの普及により、中度、
重度の前に早期に発見が出来るようになりました。

脳ドックの秘密兵器、脳画像診断MRIは
CT検査に比べ,細かい脳の内部まで撮影ができて、
より詳しく診る事が出来るのです。

なので脳の健康維持のためにも年1回は
脳ドックを受診したいものです。

脳疾患は脳の定期健診!脳ドックでしっかり発見で出来る!

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

脳の疾患には脳梗塞や脳出血
それから脳腫瘍があります。

血管が詰まる脳梗塞、症状は片側の手足の麻痺、
半身麻痺、痺れ、力が入らない等、
言語障害も含まれます。

高血圧の方には脳出血の発症が多いとされていますね。

原因は血圧により血管内に余分な圧力が
掛かり、血管が切れ出血を起こすのです。

いずれも脳疾患では、発症し倒れた場合は中度から
重度の症状になるので、殆んど後遺症が残ります。

内臓疾患なら手術や経過観察でも治療や
完治できるのですが、この脳の疾患
だけは早期発見、しか方法はないのです。

早期の段階では症状に出ない

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

発症後は後遺症が不安になります。

今は成人病でも脳の疾患が上位にも、みなさん一般の
健康診断と平行して脳のレントゲンである画像診断で
定期的に診てもらうことが安心できます。

病気の症状は身体に現れにくい物ですが、
60%以上から症状に出てくる事が多いです。

早期の段階では元気~進行すると異変を感じ病院へ、
そんなことから緊急手術を受ける方も多いのです。

この脳の疾患も例外ではありません。

検診を怠り進行してから手足が痺れたり、意識が
無くなりめまい等で倒れ、運び込まれる人も多いのです。

脳疾患の後遺症は恐ろしい

d0fd718dc69a2ea12ed8a34184f39c95_s

手術後の後遺症は避けられないのがこの病です。

リハビリは体の麻痺した部分をリハビリにより
回復させることが目的になりますが、やはり
手足のは麻痺が残り易い状態になります。

治療後は、リハビリから3か月の期間は回復も速い、
4か月~6か月からは回復も遅くなり、
6か月から1年で安定してきます。

その後のリハビリでは機能が
低下しないように維持するのです。

ディーサービス、ディーケアで日常で
根気強くリハビリを続けて行くことになります。

早期に病状を発見すると予後も良い

m030079

脳の疾患は発症する前に早期発見に努めたいものです。

発病してから手術後のリハビリ~後遺症は
殆んど避けられない状態にあります。

ここは脳ドックを1年間に
1度からでもおススメしたいです。

近年は脳ドック画像診断の普及により、
早期発見で治療が出来るようになりました。

せめて年1回の割合で脳卒中の
予防に努めるように健康維持したいものです。

脳ドックは高いイメージがあるかも
しれませんが探せば安いものもあります。

料金が安い脳ドックはコチラ↓
^3A86A9E270D66A61EECF1A6FA7E80729682FD9DD1C9A387CEA^pimgpsh_fullsize_distr