TIAの重要性!あまく見ない方が良いですよ!

m010121

脳梗塞とは一般的には発症してからではないと自覚症状
がなく、気が付かないことが多いと言われています。

では、早期発見することができないのかと
いうと一概にはそうとは言えません。

脳梗塞の前兆と呼ばれる症状が
現れることがあるのです。

それは、TIA(一過性脳虚血発作)です。

言葉の通り、脳に流れる血液の量が一過性に悪くなる
ことで、片方の手足が動かなくなったり、痺れが
出たり、さらに、呂律が回らない、言葉が
出てこないなどの症状が現れます。

しかし、これらの症状は24時間以内には消失して、
普段と変わらない状態へと戻ります。

TIAは脳卒中の指標として重視!

07a64e5e43bea38f53b56b84290818d0_s

少し調子が悪いから、横になって休んでいたら、良く
なったので何も気にも留めなかったと人も多いのです。

原因としては小さな血栓が脳の血管に流れて詰まり、
血流が途絶えることで脳機能が低下し症状が出現します。

もちろん、血栓が詰まった
ままの場合は、脳梗塞になります。

しかし、TIAの場合は、血栓が小さかったり、
詰まり方が不十分であり、その血栓は
溶けてなくなり、再び脳への血液の流れが始まります。

そうすると、その部分は脳機能を
回復させ今まで通り活動を始めます。

症状が何も出なかったから安心だと
考えるのは、大きな間違いだといえます。

本当の前兆!?TIAを見逃すな!!

a7530b3fb47e4c0b85fe1d3fa2dbc11e_s

このTIAこそ、脳梗塞の前兆だと言われています。

事実、TIAを起こした人の1割は1年以内に脳梗塞を
発症し、5年以内で考えると、3割もの人が脳梗塞を
発症しているというデータもあります。

脳梗塞を発症してしまうと生命に関わったり、
手足が思うように動かなくなったり、言葉が
出なかったりといった日常生活に影響を及ぼす
ような後遺症が残る可能性があります。

脳梗塞になる前に予防していく必要があります。

そういった脳梗塞になる可能性がある
リスクを検査できる方法に脳ドックがあります。

脳ドックでは、頭部MRI・MRAなどの脳の検査は
もちろん、血圧測定や採血など脳梗塞の要因と
なる高血圧や糖尿病などの発見もできますし、
生活指導も受けることもできます。

少しでも早く異常に気付き、効果的な予防対策をとるため
にも一度脳ドックを受けることをお勧めします。

コメントを残す