あなたは関係ない?脳卒中のリスクはたくさん!!

m010469

いつまでも健康だと思っていても、ある時から体調を
壊してしまったり大きな病気をしてしまうものです。

特に脳の病気は事前に気づかないことが多く、
一度発症したら治療が難しいので
事前に予防することが肝心です。

脳ドックによって自分の脳の状態を調べることが
できますが、どのような人が脳ドックを
受ける必要があるのでしょうか?

高血圧の人は脳卒中のリスクが高い!?

64848fba98ea48f4ea562736fd34812f_s

脳卒中のように脳の血管に異常が
見られやすい人には特徴があります。

脳卒中の危険因子の一つは高血圧の人です。

高血圧は現代人の生活習慣病の一つですが、高血圧に
よって血管が固くなっていますので、血管が
切れたり、詰まったりする原因になります。

最近の検査では高血圧の人はそうでない人に比べて
くも膜下出血の発症率が9倍、脳こうそくの発症率が
4倍、脳出血の発症率が10倍も高いとされています。

それで自分の血圧が高いと認識している人は、
早めに検査を受けておくなら脳の
病気のリスクを減らすことができるでしょう。

脳卒中では家族歴や喫煙者のリスクに注意!!

bdbba8a488ee1e1ddfe3f6381b25c995_s脳卒中のリスクは喫煙者も該当します。

喫煙者の脳の病気の発生率は非禁煙車と
比べると高いといわれています。

タバコを止めるのは難しいと考えている方は、
定期的の脳ドックを受けてみるのが賢明です。

家族が近親者が脳の病気をしたことのある人

他には家族や親せきの中に脳の
病気を経験したことがある人です。

もしかしたら皆さんの両親、祖父や祖母が
くも膜下出血や脳出血を経験しているかもしれません。

家族歴も脳卒中の発症リスクの一つ!!

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s残念なことに脳梗塞や脳卒中のような病気は遺伝して
ほかの家族の発生率を上げてしまいます。

家族や近親者に脳の病気をした人が必ず、脳の病気に
なるわけではありませんが、脳ドックをして早めに
脳の状態を知るなら、早めの対処ができますし、
何も問題がないなら安心できます。

家族がコレステロール血症や高血圧、肥満
などの病気を抱えている場合にもあなたが
脳卒中に対して気を付ける必要があります。

ストレスも関係ないことはない!脳ドックで予防

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s今の時代に生きる人はストレス
から逃げることができません。

しかし他の人よりも多くのストレスにさらされる思い
重責を担っている人や、人間関係のトラブルに
悩まされている人、大きな問題があった人、ストレスに
弱い人は、そのストレスによって、ホルモンや自律神経の
調子が崩れてしまい、血管が傷つきやすくなるからです。

今回は高血圧の人、喫煙者、ストレスにさらされて
いる人が脳の病気になりやすいので早めに脳ドック
を受けることがよいということを考えました。

脳ドックは決して難しい検査ではありません。

できるだけ早めに検査をしましょう。