MRIやCTが脳の異常を明確にする!!

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

今注目されている脳ドックですが、実際には
どのような検査を行うのでしょうか?

まずはMRIがあります。

MRIとはほかの臓器にも用いられますが
脳ドックの場合には脳の細胞に異常が
ないかをチェックすることができます。

仕組みとしては脳に強力な電磁波を与えて脳の水分の仮名の
水素原子を発揮して脳の状態を見ることができるものです。

それによって脳の中で何が起きているかを確認する
ことができ、脳腫瘍や脳の中に血液のたまりが
ないかを確認することができます。

これによって脳出血や脳腫瘍を
早期発見することができます。

MRAの驚愕の検査能力

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

次にMRAがあります。

MRAは特に脳の中の血管を検査することができます。

脳の中には無数の血管が走っており、血管が詰まったり、
切れたり、膨らんでいるのような以上に目を光らせます。

脳の血管の異常は日常生活で気づくことはほとんど
ありませんから、MRAによって脳の
健康を守ることができるのです。

これによって脳梗塞やくも膜下出血を防ぐことができます。

マルチスライスCTのすごい技術

9c8d3082f2fcfd1097514184d69c5e7e_s

それに加えてマルチスライスCT
という最新の技術があります。

このマルチスライスCTというのはより鮮明にそして
立体的に脳の状態を知ることができるX線装置です。

立体的に脳の状態を見ることができるというのは
従来の横方向の断面図だけでなく縦宝庫の断面図
を見ることができますので、脳の異変を
より詳しく知ることができます。

立体的にみることができるので脳腫瘍などの
大きさを正確に知ることもできるのです。

またMRAなどで見逃してしまった
細かい異変も知ることができます。

脳ドックの検査機器のそれぞれの違い!

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

このように脳ドックでは主にMRI、MRA,
マルチスライスCTという方法で検査が
行われることが分かりました。

この三つの方法はそれぞれ異なっていますので、
それぞれ見つけることのできる脳の異常も異なっています。

脳の病気はほかの病気と比べると
死亡リスクが高いことで知られています。

しかし早めに対処すれば、大きな病気にならずに
済むことも確認されています。

それで脳ドックでこれらの検査を受けて
脳の異常の早期発見に努めましょう。

mriとctの違いを把握して脳ドックへ

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

脳の疾患には血管が詰まる、血管が破れ穴が空く
この2つの症状はみなさんも御存知だと思います。

とくに脳出血も侮れません。

日本の成人病ではダントツに1位が脳梗塞、脳疾患に
なり、この中でも脳出血の原因で1番の
リスクとして高いのは高血圧症になります。

高血圧を伴った血管内では血圧があがると流れも
早くなり余分な圧力が血管壁に掛かり
破れる穴があく等の症状になるのです。

なので高血圧症の方は専門医の診察~脳ドックで
定期的に脳の画像診断も必須な科目になり、
1度検査を終えることにより1年は安心できますね!

脳卒中を発症すると片麻痺などになり大変!!

32777b2377b927350af757dc9f500546_s

他にも原因としては、脳動脈硬化によるものになり
日常のしっかりした食生活から生活のバランスを
保てない等から、血管壁が劣化した環境により
出血を起こすことも原因となります。

あと脳腫瘍による出血も考えられます。

脳出血の後遺症については脳の部位によって違ってくる
のですが、大脳内の3部位(内包後脚)に出血があると
運動機能に障害、後遺症が残ることがあります。

被殻からの出血では意識障害~意識を失う、重度の
片麻痺障害も残ることになり、病状から3か月~
6か月は特に筋肉もシコリを作り固まり、
神経も圧迫されるのでリハビリは必須になります。

沢山の後遺症!予防は脳ドックのみ!!

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

視床出血では片麻痺は軽度の可能性もあるのですが、
感覚の麻痺が後遺症として残る場合があり、これは
麻痺した方の手足などの痺れが残るのです。

痺れはジンジンやピリピリ感で、なんとも不快な痛みが
残り手足だけでは無く顔面にも及ぶことになり、
その後遺症が原因でうつ病を発症したりもあります。

脳出血で部位別で後遺症が異なりますが、
何処が?良い悪いはありません。

この疾患は軽度の症状が出て発見される前に、
定期的に年1は脳ドックで早期に発見に
努める事をおススメしたいです。

CT・MRI、脳ドックで優れているのは?

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

脳ドックでは脳のレントゲンで検査をするわけですが、
有名なのがCT、MRI検査になり違いはどうなのか?

CTのだいたい分かる~MRI細かくわかるに分かれるます。

CT検査(X線を使い、空気や水は通り易く黒く写り
時間は短い)脳は灰色に写るのが特徴です。

このCTでは脳出血も、疑わしき
腫瘍も(大まかには発見)できます。

その病変が何なのか?

より詳しく精密に検査できるのがMRIになります。

MRIは磁気を使い被爆の率もなく、血管造影剤を
使いより細かく精密検査が可能になり
時間は少し長めの約1時間ほどになります。