脳疾患は脳の定期健診!脳ドックでしっかり発見で出来る!

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

脳の疾患には脳梗塞や脳出血
それから脳腫瘍があります。

血管が詰まる脳梗塞、症状は片側の手足の麻痺、
半身麻痺、痺れ、力が入らない等、
言語障害も含まれます。

高血圧の方には脳出血の発症が多いとされていますね。

原因は血圧により血管内に余分な圧力が
掛かり、血管が切れ出血を起こすのです。

いずれも脳疾患では、発症し倒れた場合は中度から
重度の症状になるので、殆んど後遺症が残ります。

内臓疾患なら手術や経過観察でも治療や
完治できるのですが、この脳の疾患
だけは早期発見、しか方法はないのです。

早期の段階では症状に出ない

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

発症後は後遺症が不安になります。

今は成人病でも脳の疾患が上位にも、みなさん一般の
健康診断と平行して脳のレントゲンである画像診断で
定期的に診てもらうことが安心できます。

病気の症状は身体に現れにくい物ですが、
60%以上から症状に出てくる事が多いです。

早期の段階では元気~進行すると異変を感じ病院へ、
そんなことから緊急手術を受ける方も多いのです。

この脳の疾患も例外ではありません。

検診を怠り進行してから手足が痺れたり、意識が
無くなりめまい等で倒れ、運び込まれる人も多いのです。

脳疾患の後遺症は恐ろしい

d0fd718dc69a2ea12ed8a34184f39c95_s

手術後の後遺症は避けられないのがこの病です。

リハビリは体の麻痺した部分をリハビリにより
回復させることが目的になりますが、やはり
手足のは麻痺が残り易い状態になります。

治療後は、リハビリから3か月の期間は回復も速い、
4か月~6か月からは回復も遅くなり、
6か月から1年で安定してきます。

その後のリハビリでは機能が
低下しないように維持するのです。

ディーサービス、ディーケアで日常で
根気強くリハビリを続けて行くことになります。

早期に病状を発見すると予後も良い

m030079

脳の疾患は発症する前に早期発見に努めたいものです。

発病してから手術後のリハビリ~後遺症は
殆んど避けられない状態にあります。

ここは脳ドックを1年間に
1度からでもおススメしたいです。

近年は脳ドック画像診断の普及により、
早期発見で治療が出来るようになりました。

せめて年1回の割合で脳卒中の
予防に努めるように健康維持したいものです。

脳ドックは高いイメージがあるかも
しれませんが探せば安いものもあります。

料金が安い脳ドックはコチラ↓
^3A86A9E270D66A61EECF1A6FA7E80729682FD9DD1C9A387CEA^pimgpsh_fullsize_distr

コメントを残す