脳ドックは人間ドックと同じように重要な項目

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

脳ドックはどんな人も必ず毎年受けておくべきです。

人間ドックは毎年受けているという人でも、
脳ドックについては受診したことがないと
いう人がほとんどではないでしょうか。

しかし、脳ドックは医師も強く受診を
薦めているほど重要な項目なのです。

脳卒中はいつ、どのような状況で発症するか
分かりませんが、MRI検査で脳検査を行うことで
その発症の可能性が分かるようになります。

反対にMRI検査による脳ドックを行わなければ脳卒中や、
動脈破裂などの因子を発見できないと言えるのです。

こうした症状の原因因子を早目に発見できる
ように、脳ドックは欠かさず行うべきです。

めんどくさくない脳ドック!本当に簡単です!

m030414

脳ドックを受ける方法は、最近では
とても簡単になってきました。

昔は高度なMRI検査設備を整えている病院でなければ
受診を行うことができませんでしたが、最近では
比較的多くの病院で脳ドックを
受けることができるようになっています。

脳ドックを受ける前には、当然事前予約が必要になり
ますが、脳ドックの検査方法は色々な方法があります
ので、受診を行う前にどのような検査方法を行って
いるのかを病院へ確認しておくように心がけるべきです。

細かいレベルまで分かる脳ドック!そのレベルとは!?

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

脳ドックの受診方法にもよりますが、例えば
MRI検査を行うことができれば脳の
現状が手に取るように分かります。

MRI検査は多種類の画像で変化を知ることが
できますので、現在の脳の状況だけではなく
今までの過程やこれから発症する可能性が
ある病気まで知ることができます。

脳ドックの受診方法は多くの方法がありますが、
できる限りMRI検査を選んだ方が安心できるでしょう。

また、脳ドックの一番も目的は脳卒中などの
病気の早期発見が一番の目的です。

信頼できる検査方法を選ぶことで、高い早期発見レベル
まで知ることができますので、事前に医師としっかり
相談を行い受診方法を検討することも大切です。

脳ドックは比較的安く受診できる

2e9dc88e914540f05651e4e647b4a175_s

脳ドックの受診は高額になってしまう
というイメージがあるかもしれません。

しかし、最近ではMRI検査機器がどの病院でも広く取り
入れられていることから比較的安価に受診することが
できるようになってきました。

おおよその金額としては3万円ほどで、自治体に
よっては補助金が出ることもありますので、上手に
活用すれば安く受診することができるようになるでしょう。

脳ドックは、特に高齢の人ほど必要性は高くなります。

50代以上の人は少なくとも2年に1回の
受診は行うようにすれば、安心できるはずです。

^3A86A9E270D66A61EECF1A6FA7E80729682FD9DD1C9A387CEA^pimgpsh_fullsize_distr

受けておけば安心!脳ドックのメリット!!

327a82681e194997655f811bc13502db_s

脳ドックというと「予約が必要」「面倒くさい」
「仕事を休んでまでいく程のことはない」
と思う人も多いことでしょう。

しかし脳ドックは脳の病気を発見できるだけではなく
予防にも役立つので是非受けておくべきなのです。

この脳ドックを受けることで脳の
病気を早期発見・治療できるのです。

脳の病気というのは外目からは全く分からないものです。

それだけに本人が気が付かないうちに進行することが多く
、激しい頭痛や吐き気に見舞われた時には
深刻な事態になっている可能性があります。

脳は身体のあらゆる器官に指令を出す大切な部位であり、
手足の動きや言語を司るのは脳の役割です。

脳疾患を早期発見することで身体全体を守ることにに繋がり、
早期治療をすればそれだけ後遺症が出る確率も低くなるのです。

ライフスタイルを見直さないといけない!

d0fd718dc69a2ea12ed8a34184f39c95_s

「時々頭が痛い」「めまいがする」などの症状に心当たりが
あれば、一度脳ドックを受けておくと安心できます。

しかし何でもなかったからOKという訳ではなく、脳ドックの
結果から今後注意するべき点などが明らかになります。

これからのライフスタイルを見直すことで、
より健康な生活を手に入れられるでしょう。

「今はまだ脳に病気があるとは思えないから」と
いう人でも脳ドックを受けておけば、将来的に
脳の病気を防げるかも知れないのです。

脳ドックを定期的に受けておけば、「こんな筈じゃ
なかった」という急な脳疾患にならずに済むのです。

脳ドックは簡単で痛みが無い!?

m010583

脳ドックは人間ドックとは違い、バリウムや
内視鏡などの辛いものではありません。

一般的に3時間が目安となりますが、最近では
忙しい人でも気軽に受けられる様に
簡易検査を設けてある病院もあります。

簡易検査は30分から1時間程で済ませられる為、
検査を受けた後職場に戻ることも可能なのです。

一般検査と簡易検査の違いは、血圧測定や血液検査などの
基本的な検査が省略されているという点です。

しかし脳検査に関してはMRIやMRAを
行いますので、一般検査と変わりはありません。

費用も一般検査より安く設定されているので安心です。

あなたの目で脳の中身を見ることができますか?

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

脳ドックは普段見えない部分をしっかりと
検査できる絶好のチャンスです。

医療の進歩により遅い、面倒、高いという時代は
終わりましたので、ある日突然の脳の病気を
予防する為にも是非脳ドックを受けてみませんか。

未破裂脳動脈瘤や、無症候性脳梗塞などを見つけ
予防に努めることはとても大事なのです。

もし発症してしまったら、命が助かっても後遺症が残り、
苦しいリハビリを行うことになりかねません。

平日、忙しくても土日なら行けると言われる方はコチラ↓

土日祝上記

緊急の脳ドックの体験談!他人ごとではないですよ!

m030962

主人が仕事中に「頭が割れるように痛い」
とメールを寄越しました。

そんなことなかなか言う事のない人なのでびっくりして
急いで折り返すものの連絡付かず…。

嫌な予感がしてインターネットで「頭痛」
「割れるような」などの単語で検索すると、
くも膜下出血の症状に似ていることがわかりました。

脳内出血は一番最初はもの
すごく痛い頭痛があるそうです。

すぐに気がつけたのなら早急に病院でmri検査をして
欲しい!と焦って何度も電話やメールをするも全く
気が付いてもらえないのか出る気がないのかで
ずっと不安なまま主人の就業時間まで過ごしました。

脳出血の疑いは検査で解消!!

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s

その間に私が出来る事は、終業後にでも
脳ドッグ(mri)検査が出来る病院があるか
調べ予約する事だと思い、主人の最寄り駅から
急いで調べて行きました。

たとえ平日といっても夕方以降の脳ドッグはなかなか
やっている病院がなく真っ青になる中、一件少し
遠いですが見つける事が出来ました。

急いで電話をし、受付時間ギリギリになるが必ずいく
からどうしても見てくれと予約をさせていただき、
その旨を主人にメールしました。

終業後、主人は「もう治ったから大丈夫、考え
過ぎだよ。」と笑っていましたが早いにこした事は
なく、健康はお金で買えないのでどうしても
行って欲しいとお願いをしほぼ無理矢理
病院に行ってもらう事になりました。

脳の検査さえしておけば安心を得られる!?

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

電車でも間に合う距離ですが、脳に関しては一刻も
早く診察してほしかったので、少しだけ多めに
お金を下ろしてもらってタクシーで
向かってもらうようにしました。

主人の場合は、結果としては異常ありませんでした。

恐らく疲れとストレスからくる
頭痛だろうとの判断でした。

しかし、これか次にまたあるようなら必ず
来るようにともいわれたようです。

そこで主人もようやく事の大事さがわかったのか
「すまない」といってくれました。

脳ドックは健康維持に必要なものです!!

efa0225dbbf6117979727bb982869e7d_s

家族にとって大事な人の健康はかけがえのないものです。

お金では買えません。

私たちはそれを大事になる前に気がつく
事が出来て本当に幸せだと思います。

もし金額で迷っていたり、安易に頭痛を考えている
人がいるのなら考え直してみてください。

それよりももっと大切なものを
失う事になるかもしれません。

どうか代わりのない幸せを大切にしてください。

mriとctの違いを把握して脳ドックへ

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

脳の疾患には血管が詰まる、血管が破れ穴が空く
この2つの症状はみなさんも御存知だと思います。

とくに脳出血も侮れません。

日本の成人病ではダントツに1位が脳梗塞、脳疾患に
なり、この中でも脳出血の原因で1番の
リスクとして高いのは高血圧症になります。

高血圧を伴った血管内では血圧があがると流れも
早くなり余分な圧力が血管壁に掛かり
破れる穴があく等の症状になるのです。

なので高血圧症の方は専門医の診察~脳ドックで
定期的に脳の画像診断も必須な科目になり、
1度検査を終えることにより1年は安心できますね!

脳卒中を発症すると片麻痺などになり大変!!

32777b2377b927350af757dc9f500546_s

他にも原因としては、脳動脈硬化によるものになり
日常のしっかりした食生活から生活のバランスを
保てない等から、血管壁が劣化した環境により
出血を起こすことも原因となります。

あと脳腫瘍による出血も考えられます。

脳出血の後遺症については脳の部位によって違ってくる
のですが、大脳内の3部位(内包後脚)に出血があると
運動機能に障害、後遺症が残ることがあります。

被殻からの出血では意識障害~意識を失う、重度の
片麻痺障害も残ることになり、病状から3か月~
6か月は特に筋肉もシコリを作り固まり、
神経も圧迫されるのでリハビリは必須になります。

沢山の後遺症!予防は脳ドックのみ!!

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

視床出血では片麻痺は軽度の可能性もあるのですが、
感覚の麻痺が後遺症として残る場合があり、これは
麻痺した方の手足などの痺れが残るのです。

痺れはジンジンやピリピリ感で、なんとも不快な痛みが
残り手足だけでは無く顔面にも及ぶことになり、
その後遺症が原因でうつ病を発症したりもあります。

脳出血で部位別で後遺症が異なりますが、
何処が?良い悪いはありません。

この疾患は軽度の症状が出て発見される前に、
定期的に年1は脳ドックで早期に発見に
努める事をおススメしたいです。

CT・MRI、脳ドックで優れているのは?

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

脳ドックでは脳のレントゲンで検査をするわけですが、
有名なのがCT、MRI検査になり違いはどうなのか?

CTのだいたい分かる~MRI細かくわかるに分かれるます。

CT検査(X線を使い、空気や水は通り易く黒く写り
時間は短い)脳は灰色に写るのが特徴です。

このCTでは脳出血も、疑わしき
腫瘍も(大まかには発見)できます。

その病変が何なのか?

より詳しく精密に検査できるのがMRIになります。

MRIは磁気を使い被爆の率もなく、血管造影剤を
使いより細かく精密検査が可能になり
時間は少し長めの約1時間ほどになります。

脳卒中の後遺症のリハビリは大変!!

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

脳の疾患には脳梗塞や脳出血があります。

脳梗塞は血管が詰まり、症状として片側の手足の麻痺、
半身麻痺、痺れ、力が入らない等、それから言語障害で
上手く喋れないなどの症状が出ることもあります。

脳出血で、とくに言えることは高血圧の方に発症が
多いと言われ、それは血圧により血管内に余分な
圧力が掛かり血管が切れ出血を起こすからです。

いずれも脳の疾患では、発症し症状が出て倒れた場合は
中度から重度の症状になり、殆んど後遺症が残ります。

脳以外の病状なら手術や経過観察で完治できる
病もあるのですが、この脳の疾患は早期発見、
早期治療しか方法はないのです。

発症しないよう脳ドックで脳卒中を防ぐ!

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s
発症し後遺症が凄い怖い不安になるので、みなさんも
一般の健康診断と平行して脳のレントゲン検査画像
診断で定期的に診てもらうことをおススメします。

病気は50%までは健康体そのもので、症状は身体に現れ
にくい物ですが、60%に入り少し気持ち悪いお腹が空か
ない、食が細くなった等の症状が出ることがあります。

初期の段階では全く元気~進行して60-70%で異変を感じ
病院を訪れ緊急の入院だとか手術を受ける事が多いです。

この脳の疾患も同じで、定期的な検診を怠り
進行してから手足が痺れたり、意識が無くなり
めまい等で倒れて運び込まれた方は手術後の
後遺症は避けられない結果となります。

後遺症のリハビリに苦戦!長期間の忍耐が必要

0f225b394388dd4a1df0b228ae87df64_s
脳出血後のリハビリは、体の麻痺した部分をリハビリに
より回復させることが目的になり、やはり麻痺が
残り易いのは手足になります。

治療後の麻痺の程度によりますが、リハビリから3か月
は回復も速く、それから4か月~6か月は回復も遅くなり、
そのあと6か月から1年で安定されるのです。

しかしその後のリハビリでは機能が低下しないように
維持することを目的としてディーサービス、ディーケア
日常生活で根気強くリハビリを続けることになります。

このリハビリには3か月迄の急性期に行うリハビリ~
ベット上のリハビリ、言語に障害がある場合は
言語のリハビリも平行して行い、コミュニケーション
や意思表示の訓練も必要になります。

長くかかるリハビリ!退院後も苦労する!?

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

次に回復期で4~6か月の期間はベットに座る
起き上がるベットの横に立ち上がる、車椅子に
座る等、私生活で必要な訓練をしていきます。

この様に脳の疾患は発症する前に
早期発見に努めたいものですね。

発病して手術ごリハビリ~後遺症は殆んど
避けられない状態になるので、やはり脳ドックを
1年に1度からでもおススメしたいものです。

脳卒中の予防には脳ドックが一番ですね。

時間が無い人はマルチスライスCTでの検査を
選択するのも良いかもしれません↓

マルチスライス

たったの少しの検査で大きな安心をくれる脳ドック

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s
脳ドッグは僅かの時間、わずかの検査で
あなたが安心を得られるのです。

脳ドッグとは、一言で言えば脳の
検査に特化した健康診断です。

脳はいわば私たちの身体を動かすための司令塔で、
そこには多くの情報が詰め込まれています。

なので当然、安心のために綿密な検査が要求されます。

こう言うと、じゃあ時間や手間がかかるんじゃないの?

費用がかさんでしまうんじゃ……などの
心配を抱く人もいますが、安心してください。

頭部MRI・MRAなど医療機器の進歩で、
私たち患者の負担は大幅に減っています。

脳ドックの検査は決して高いとは言えない!

0f225b394388dd4a1df0b228ae87df64_s

わずか数万円で命を救えるのなら脳ドックを
受けないという選択をしないはずです。

また、検査で得られる恩恵を考えると、
費用もけっして高いとは言えません。

自治体によっては検査に補助金が
出る場合もあるようです。

詳しく見ていきましょう。

また、脳ドックで脳卒中が予防できるという
ことは、急性期を迎えた後のリハビリなどで
苦しむこともなくなるのです。

一つではない!脳ドックで発見できる病気!

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

脳ドックで主に判明する病気は、脳の血管が詰まって
血液が流れなくなる脳梗塞、脳動脈にコブが
できてしまう脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)。

更に脳に血の塊ができる脳出血。

そしてその名の通り脳に腫瘍が
できてしまう脳腫瘍があります。

これらの病気の共通点は、気付かないまま放置し
腫瘍が脳の血管を圧迫したり血の塊が破裂したり
すると身体の麻痺や言語障害などの
深刻な事態を引き起こすことです。

脳ドックで未然に防ぐ、これが一番大事なのです。

発症を待つべきでなく、脳ドックでの予防!!

fc0827f351a1f069a316268a7650fc19_s

脳卒中を発症すると、それまで普通に送れていたはずの
日常生活を送ることが一気に困難になります。

逆に言えば脳ドックを受けることによって、何も異常が
無かった場合は脳梗塞のような病気である
懸念が晴れて安心することが出来るでしょう。

また何らかの病気が見つかった場合も、
医師と相談して処置することが可能です。

この場合の治療には、もちろん保険が適用されます。

気になるかかる費用と時間は?

7aee54cd73ce6fb269cfe529796d453d_s

気になる脳ドックの費用は病院によっても違いますが、
頭部MRI・MRA検査だけなら3万円程から出来ます。

多くの深刻な病気である可能性が一掃出来る
値段としては、安いですよね。

また上にも書きましたが、自治体によっては補助金が
出る場合があるので是非調べてみてください。

所要時間も1時間未満で出来るところがありますので
会社やお出かけのついでに行くことも出来ますね。

人間ドックのように、食事制限があったり痛い注射を
受けないでいいのも嬉しいポイントです。

最近は病院でもネットで気軽に
予約できるところが増えています。

まずは、自宅や職場の近くの病院を調べてみてください。

自分自身と家族のために、ぜひ脳ドック!!

96c3d8cf42b4a246475c50bda2a01ea9_s

人間にとって最も重要な器官である
脳は、実はとっても繊細です。

義手や義足のように、代わりに使えるものもありません。

だからこそ、加齢やストレスなどから脳梗塞や
脳出血を起こした場合、自分自身だけでなく
家族にも大きな負担をかけることになります。

家族と自分の将来のために、脳ドックに
行くことをぜひお勧めします。

人間ドック、健康診断、脳ドックの違い!!

21e1efc95ca337e6a0ba8cacc1097e99_s

脳ドック、みなさん健康診断は受けていらしゃいますか?

そうです健康診断と言えば会社団体で
受けている方もいらしゃいます。

あと35歳からの自治体の健康診断ですね。

一般には血液と尿から始まり内臓器官の検査へ進み顔の
部位に関しては目の眼底検査が含まれています。

目のカメラ~こちらのレントゲンでは、目の病変を早く
発見することが出来、難病である緑内障や白内障も、
それから糖尿病も発見できるようになっています。

年々健康診断の内容も少しずつ
細かく又レベルも上がっているようです。

成人病から癌の早期発見には必要不可欠ですね。

人間ドックや健康診断は脳ドックとは違う!!

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

健康診断では会社で自治会で行う他にも個人で
検診を受ける方法もあり、それは人間ドックです。

人間ドックには色んなコースがあり、料金も
病院クリニックによって違いがあり、日帰りから
宿泊コースまでありここでも色んな検査が受けられます。

この人間ドックの長所は、ゆっくりのんびり
検診を受けられる所にありますね。

内容により1~2泊コースでも食事もお風呂も
可能でありのんびりコースもおススメです。

さて(脳ドックはご存知でしょうか)、健康診断
では脳ドックは含まれていないのです。

MRI画像診断やCT検査も従来よりは、より鮮明な
画像で高度な技術で診断され患者さんから健康な
方も安心して検査を受けられるようになっています。

今や成人病の死因では脳疾患と心臓疾患がNo1に!

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s

人間の身体はどんなに丈夫でも?現在、食欲もあり
運動で鍛え健康な方でも、内臓や脳の内部は
外からは見ることは不可能です。

やはり最近の最新技術を駆使した医療が誇る
高度な技術を駆使して行われる画像診断を
利用して健康を維持させたいですね。

脳疾患を患った方の中でも脳以外は全て
健康体で病気もしたこともない、脳ドックも
受診歴がない方が多いのも現状です。

脳の病気には、脳の血管が切れる脳溢血や血管が
詰まる脳梗塞が代表になり、倒れる方の多く
こちらも軽度から重度とありますが、
この疾患の怖い所は後遺症にあります。

気になる脳ドックの費用!健康が第一!

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

この機会に脳ドックの検診で(早期に発見し治療)
できると後遺症も残らず(予後も大変によい)
とされています。

そこで気になる脳ドックの検査費用は一般的に4万から
10万の範囲になり保険適用(外)、しかしこれを
受診することにより、自分の未来の安心に繋がりますね。

脳ドックの費用は安くしようと思えば、可能なのです。

一番安い脳ドックでは1万円からで、2万円以内に
収めることも可能なのです。

^3A86A9E270D66A61EECF1A6FA7E80729682FD9DD1C9A387CEA^pimgpsh_fullsize_distr

てんかんの検査と脳卒中の検査は違う!

ed82b5c0267b5194ea6aee934a8dafec_s

脳のドッグによって自分の脳がどのような状態にあるのか
わかるとおもいますが、脳のドッグには、いろいろな
種類の調べ方があってそれぞれどんな風にして考える
ことができるか考えることができるとおもいます。

脳派における状態や、脳の状態を調べるためには、脳に
関係したいろいろな波形を調べますが、記憶野や他の
部分にある波形をそれぞれの部分に分けることによって
脳派が持っている種類を特定することができると思います。

脳派を測定することで、脳の断面や、脳にある障害を
みることができるとおもいますが、脳はそうした色々な
部位におけるそれぞれの状態による違いをもっていて、
脳を計測することによって自分が持つ脳波の状態をみて、
どのような異常を持っているか知ることができます。

脳ドックは脳卒中を脳波計は癲癇を把握!!

ed82b5c0267b5194ea6aee934a8dafec_s

脳波を計測するものとして、それぞれの機械があり、
脳波計を見ることによって自分の脳がどんな状態に
置かされたのか考えることができます。

脳波にはそれぞれいろいろな状態があり、健康な状態や、
他の状態をしることができ、脳の状態がもつさまざまな
違いを調べると、自分が普段おかれている異常や、
その異常によってどのようにして、体調やその他の
問題を抱えているか調べることができます。

脳波を見ることで、そのような体の不調をしらべる
ことができますが、脳波にあるそれぞれの変化には、
自分の一般的な体の状態、異常な状態を見ること
ができ、体にあるそれぞれの不調を、
その波形としてみることができます。

脳ドックは磁力によって脳の血管障害を把握

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

波形からは、そのよう様態が、数秒単位の変化として
みることができ、その移動曲線を体の異常を示す
波形としてみることができ、波形が体にどのような
状態を持っているか、逐一調べることができます。

波形が体にある異常をもつことは普段の生活のなかで、
その状態をそれぞれ逐一持つ秒単位の体の異常を
しめしていて、体がいちいち変化する際に、大変
多くの数値からその異常を調べることができます。

脳波の異常は癲癇であったり、脳の器質障害などを
検知し脳ドックは脳卒中の原因となる血管の
形を把握するのに向いているのです。

脳委縮は認識できない!?だから脳ドック!!

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

脳萎縮症状、脳の疾患でも多いのは脳梗塞
(血管が詰まる)血管が切れる脳出血があります。

その他に脳萎縮も代表とされる疾患で、脳の萎縮は脳が
衰えていく脳の老化、加齢とも言え、この萎縮は長期の
過度なストレスが原因ともされています。

脳萎縮で心配されているのが、やはりこの病ですね~
認知症(アルツハイマー)脳の記憶が失われていく
記憶が出来なくなる恐ろしい疾患です。

とくに良くあるお話として、老人の徘徊で夜中に
徘徊し迷子になって補導される等があります。

記憶障害が徐々に強くなっていくので自分の名前や
生年月日も忘れ、脳内の記憶が削除されて
いく等の症状が強くなっていきます。

トイレの用足しも、トイレではなく別の場所で排泄をするなどが
目立つ事もあり、トイレがトイレである事も忘れる症状です。

脳の委縮を進ませない!頼れる脳ドック!

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

それから、脳の萎縮が進むことにより劣化現象となり、
現在から過去の記憶が失われ自身が子供に帰っていくと
いう症状もその一つ、(子供返り)があり子供のように
振舞う行動も出てくることもあります。

いまでは痴呆症は約450万人を超える程になっているのです。

これから10年先には700万人とも推定されています。

脳の萎縮で有名なのが物忘れの症状で
呆けの病などと言われています。

普通に脳に異状がない方でも起こりえる症状があり、何気なく
物を忘れる、先の予定を忘れる?鍵をかけ忘れる、電気を
消し忘れる、財布を忘れる等の日常での簡単な物忘れ、
とくに2-3日前の食事を思い出せない等がありますが、
このような症状は心配する必要はありません。

当たり前の記憶が無い!しっかりとした治療が基本!?

94cfc9707fe2021e85909afbbab7cf81_s

脳萎縮が進行していくと、当日の食事の内容よりも当日に
食事をした事を忘れる症状が出てきたりします。

脳萎縮から痴呆症アルツハイマーの病は昔は老人特有の
脳疾患でしたが、近年では食生活も欧米化して18才から
還暦過ぎ64才に発症する若年性認知症も増えてきています。

それと脳の画像診断で精密検査をしても脳に異状が
見られない?しかし物忘れが多い等には、ストレスや
神経疲れ、うつ病原因の疾患もあります。

脳萎縮の治療は現代の医学ではまだ完治までは難しいの
ですが、症状を抑え遅らせる為の薬があり、医者の
指示に従い治療を進めていくことになります。

この脳萎縮も脳ドックの検診により、いち早く早期に
発見が可能になりました、(早い段階で見つけられると
進行を抑え遅らせることも出来るので)
脳ドックは生活でも必須なものになります。

後遺症で楽しめない老後!?それとも脳ドック!?

21e1efc95ca337e6a0ba8cacc1097e99_s

将来、脳卒中を選びますか?趣味を楽しむ老後を選びますか?

あなたの趣味は何ですか?

今は仕事に励んでいると思いますが、
いずれは定年を迎えますよね。

その時に、ご自身の趣味を思う存分楽しみたいですよね。

また、可愛いお孫さんを抱いたり、遊んだりする
生活も夢ではありませんか?

そのような生活はご自身が健康でないと満喫できません。

もし、脳卒中になって、介護されている
生活だとしたらどうでしょう?

脳卒中を防ぐには、脳の検査をする予防が一番です。

脳卒中を予防するには脳ドックの受診が必要です。

脳卒中の後遺障害で寝たきりへ!

dc7ca2120ecde335cdddc1d3240406d0_s

年齢が進むにつれて同時に進むものがあります。

それは動脈硬化です。

その人の生活習慣、体質、ストレスの程度に
よって進行する度合いは異なります。

動脈硬化は確実に体のあちらこちらを様々に蝕んでいきます。

あなたはどの程度動脈硬化が進んでいますか?

ご自身で気付ける方はいないと思います。

脳の中も外から見ただけでは誰も分からないのです。

脳卒中から寝たきりの生活を防ぐには、脳の
健康診断を受けておく必要があるのです。

定年後は夫婦で旅行ですか?介護生活ですか?

96c3d8cf42b4a246475c50bda2a01ea9_s

定年後は夫婦二人でどんな生活を予定されていますか?
旅行ですか?ゴルフですか?

子育てや仕事に追われていたときには
できなかったことができるようになります。

そのためには、健康でなくてはなりません。

がん検診は必ず受診されてきているのではないでしょうか。

脳はどうですか?

一度でも脳ドックを受けられたことはありますか?

介護されたり、介護したりする生活は
思い描きたくないですよね。

脳卒中の治療ではなく、予防が大事です。

定年時には脳ドックを受けよう

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

定年だからこそ、今まで頑張ってきた体に
何か異常がないか調べませんか?

忙しくて脳ドックを今まで一度も受けてない方はいませんか?

もしかすると、積み重なるストレスから
未破裂の脳動脈瘤ができているかもしれません。

無症候性の脳梗塞があるかもしれません。

未破裂脳動脈や無症候性脳梗塞を見つけられるのは
脳ドックで検査を受けるしか方法が無いのです。

これからの人生を脳ドックを受けて、
より素敵なものにしましょう。

第二の人生は今からですよ。

寝たきりは脳卒中の後遺症も関与!?

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

やっぱり介護が必要な寝たきりの
生活は誰でも送りたくないものです。

介護する家族だって、介護そのものを
したいとは思っていないでしょう。

脳卒中は片麻痺のリハビリばかりが言われていますが、
後遺症が重すぎて寝たきりになることはあるのです。

寝たきりにならないように
脳卒中を予防するしかないのです。

脳卒中を予防して健康な生活を送りましょう。

脳ドックへ行きたい方はコチラ↓
全国各地