パニック症のトラウマは無関係!オープンMRIで脳検査!

94cfc9707fe2021e85909afbbab7cf81_s閉所恐怖症でももう怖がらなくても大丈夫なのです。

わずか数十分のオープンMRIを受けることにより
脳血管障害の状態を把握することができ、
未破裂脳動脈瘤や無症候性脳梗塞を
画像検査できるようになるのです。

更には認知症の原因の脳萎縮や、めまいの原因に
もなる脳腫瘍も発見できる可能性があります。

やはり、頭の病気に対してMRIなしに
脳ドックをするのは難しいようです。

閉所恐怖症の方は一度オープンMRIで
脳の病気を検査してもらうのをお勧めします。

本当に怖いのは身体障害や高次脳機能障害

0f225b394388dd4a1df0b228ae87df64_s
閉所恐怖症なら狭いところに抵抗があるのは分かります。

しかし、一番怖いのはリハビリを必要とする片麻痺や、
失語症などのTIA(高次脳機能障害)なのです。

これらに関しては脳ドックでの検査時間よりも
はるかに長い期間をリハビリに当てないといけません。

もっと極論を言うと脳内出血(脳溢血)等を起こすと
絶命してしまう可能性も否定できません。

しかし、先ほどもお話ししたようにオープン型MRIで
受ければ脳ドックの最中の恐怖はないはずなのです。

閉所恐怖症のオープン型MRIなら大丈夫です。

本当に怖いと思うのは後遺症なのです。

虚血性の病気には意外となりやすい!

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s
脳梗塞や心疾患に含まれる心筋梗塞は各々が虚血症状に
なることにより起こる病気ですが、血液が
上手く流れ無いことにより発症するのです。

これに関しては脳疾患、心疾患の中でもなりやすい
疾患であり決して軽視することはできないのです。

しかし、これとは別に脳出血やくも膜下出血などの
出血性の脳の病気があります。

いずれにしろ、出血性、虚血性の脳卒中の
いずれであっても動脈硬化が関与するのです。

糖尿、高血圧、脂質代謝異常、肥満などが
あればこの動脈硬化のリスクなのです。

このようなリスクがあるのなら是非
一度、脳ドックを受けてみませんか?

更に閉所恐怖症もあるのならこちら↓
オープンMRI

マルチスライスCTで脳ドックの検査時間を短縮!

559d733f47431e2422bd7fb99f42bbc5_s

脳検査は長時間!?MRIの40分だって長すぎる!

マルチスライスCTなら検査時間はもっと短くて済みますよ。

脳ドックの検査項目の一つMRI

MRIは造影剤を用いずに強力な磁場の力を
利用して脳の縦横斜めの断面画像や血管の
走行を映し出すことができます。

CTとは違って周囲の骨に影響されないため、
小さな脳梗塞まで映し出す鮮明な画像が特徴です。

マルチスライスCTとMRIの違い?どちらが良い!

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

MRIは脳ドックの必須項目かもしれません。

また、CTとは違って放射線による被曝はありません。

撮影方法としては、大きな筒状の
トンネルの中で横になって検査を行います。

検査中は工事現場のような大きな音が連続して聞こえます。

更にMRIは強力な磁場を利用しているため、
心臓ペースメーカーを使用している方、
その他磁気に反応する金属が体内にある方は
検査を受けられない場合があります。

人工関節や骨折部位の接合プレートや
ボルトが入っている場合等は医師に相談が必要です。

マルチスライスCTで脳ドックは網羅できる!

7aee54cd73ce6fb269cfe529796d453d_s

マルチスライスCTは従来のCTとは違って、
一度に複数のスライスを撮影できます。

また、従来のCTよりも撮影速度が上がり、
撮影時間が短時間で済みます。

従来の撮影方法では不可能だった縦方向の画像も
撮影できるため立体的な撮影が可能となりました。

また、放射線被爆も抑えられているため
体への負担が少なくなりました。

脳ドックにマルチスライスCTを導入している施設もあります。

MRIの撮影時間は約15分~40分
程度ですがCTならもっと短くて済むのです。

長時間の検査時間が嫌いな人必見!脳ドック

1de03752b0036cd7a015fecab4bdc978_s

脳ドックはくも膜下出血、脳出血や脳梗塞等と
いった脳卒中、脳腫瘍等を早期発見できる検査です。

脳ドックを受けることで脳に起こっている異常の
悪化を防いだり、予防する治療を
早期に受けることが可能となります。

今まで検査時間が長いから脳ドックを
避けていた方はおられませんか?

MRI装置を使った検査が良いことはわかっているけど、
検査時間が長いと思われていた方、
マルチスライスCTでの検査が可能な施設があります。

マルチスライスCTで検査時間の短縮をしませんか?

脳ドックを受けたいと思って悩んでいる方は、
ぜひマルチスライスCTのある
施設で検査を受けてみてはどうでしょう。

マルチスライス

忙しい人でも受けられる土日祝日脳ドック

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

脳ドックに行きたいけど平日は仕事を休めないから、
無理だと思っている方はいませんか?

土日や祝日でも脳ドックを
行っている施設はあります。

気になる症状がある方は
放っておいて良いことはありません。

脳に異常はないという確認のためにも、土日祝日の
休みの休みを利用して脳ドックを受診しましょう。

休みに脳ドックに行きますか?前兆をほっときますか?

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

知っていますか?脳の危険信号

脳梗塞の前兆?一過性脳虚血発作

脳梗塞は脳の血管が詰まり、その周囲の
脳細胞が死んでしまうことで起こります。

一過性脳虚血発作は一時的に脳の血流が悪くなり、
一時的に症状が現れますが、脳の細胞が死んでしまう
前に再び血液の流れが良くなることで、脳の細胞が
機能を取り戻し症状が消失する発作です。

この発作を治療しないで放置しておくと3ヶ月以内に
15~20%の人が脳梗塞を発症するといわれています。

前兆を甘く見ない!脳卒中になっても良いのですか!?

5b3f3d6bb8ec5d352f63dcb2b5e8eca3_s

脳卒中を発症している約半数の人は、
一過性脳虚血発作が起きた数日以内に
脳梗塞を起こしていることがわかりました。

この発作の症状は、脳の動脈の詰まる
位置によって異なります。

体の片側の麻痺や顔の麻痺といった運動障害、言葉が
出ないといった言語障害、片側の手足や顔が痺れると
いった感覚障害、物の見え方がおかしい視野障害等
といった症状があります。

これらの症状は一時的に見られるだけで
その後良くなるため、急を要さないと
判断し放置しがちです。

しかし、これはこれから起こるかもしれない
脳梗塞の前兆かもしれないのです。

休日脳ドックでMRI検査で未然に防げる脳梗塞

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

一過性脳虚血発作は動脈硬化によって
血管の表面に血栓ができます。

その血栓がはがれ血流にのって、さらに先の
動脈で詰まることによって症状が現れます。

また、不整脈などによって作られた
血栓が脳の動脈に詰まることでも起こります。

これらはMRI検査を受けることにより
新しい脳梗塞部分を発見することが可能です。

また、MRAによって脳の血管の
状態を確認することも可能になります。

一過性脳虚血発作の症状があった方、少しでも引っかかる
方で、休日しか脳ドックを受けられない方はこちら↓
土日祝

費用が実はお安い脳ドック!?

c4b5f6c1197b56bc767823f4913023ce_s

脳ドックの費用と脳卒中にかかる
費用どちらが高いですか?

脳ドックは自由診療のため保険が適応となりません。

そのためどうしても自己負担費用
が高くなってしまいます。

脳ドック全国平均料金は44322円となっています。

この額を高いととるか安いととるかはあなた次第です。

しかし、もし脳卒中になってしまったら
この4万円台の費用では済まないのです。

脳卒中の急性期の処置や、入院、その後リハビリに
どのくらいの費用が掛かるのかあなたに想像ができますか?

脳ドックが高いのなら安いところを見つけなさい!

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

各地域の価格帯の参考として北海道や東北では
21,000~80、000円、関東では30,000~
73,500円、中部や北陸では17,500~
55,650円、近畿では30,000~63,00円、
中国や四国では24,150円~36,750円、
九州や沖縄では31,500~50,000円となっています。

また、施設や受けるコースによっては1万円台の
ものから10万円を超えるものまで様々です。

脳ドックの内容や価格をご覧になったことがありますか?

自分の受けたい内容に合わせて価格も選べるのです。

1万円台のものだと気軽にお手軽に
受けられると思いませんか?

将来、脳卒中になってかかる治療費やリハビリの費用、
自分が働けないことで失われる給料‥これらを考えた
時にたった2万円弱の費用はお安いのではないでしょうか?

脳ドックを安く受ける方法とは?

327a82681e194997655f811bc13502db_s

自治体のホームページをしっかり
ご覧になったことがありますか?

自治体によっては脳ドックを受ける際に支払った
費用に対して補助金が出るところがあります。

自治体により補助額は異なりますが、補助金の
目安として2万円程度となっています。

つまり、脳ドックの平均額を約4万円として、
自治体から2万円の補助が出るとすると実質の
支払額は2万円程度となります。

一度、あなたの自治体では脳ドックを受けると補助金が
支払われるか確認してみる価値はあると思います。

補助金なしで2万円の負担の脳ドックはいかがですか?

2e9dc88e914540f05651e4e647b4a175_s

自治体による補助金がある場合の事をお話ししましたが、
補助金がなくてもあなた自身が払う費用が
2万円程度の負担で未破裂の脳動脈瘤を
見つけることが出来るとしたらどうでしょう?

これを高いと感じますか?安いと感じますか?

脳卒中になれば今の健康な体は戻ってこないかもしれません。

今のようにずっと働き続けることが
出来なくなるかもしれません。

そう思えばお安い費用だと思います。

最近では2万円以下の脳ドックの予約サイトがあるのです。

2万円以下の脳ドックを予約したい方はこちら↓
^3A86A9E270D66A61EECF1A6FA7E80729682FD9DD1C9A387CEA^pimgpsh_fullsize_distr

脳ドックにギフト券?脳の病気の検査が割引?

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

脳卒中は日本人の死亡原因第3位!寝たきりの原因第1位!

脳卒中は日本人の死亡原因第3位といわれています。

また、命を取り留めても、後遺症を
残すケースが大半です。

そして後遺症が軽くリハビリによって回復する
場合もありますが、寝たきりの原因第1位と
いわれるほど後遺症が残ります。

そうなることで家族にも介護の負担を
かけることになりかねません。

もしくは介護する立場になるかもしれません。

ギフト券で大切な人を脳卒中から守れます

108155

大切な両親、夫、妻に脳ドックギフト券を贈りませんか?

まだ若いから自分は脳ドックを受けなくても大丈夫と
お考えの方、自分にはまだ脳ドックを受ける必要が
ないとお考えの方、あなたの両親はどうでしょうか?

そして、夫や妻が体質、脂質異常、肥満、高血圧等の
脳卒中の原因がある体だとしたらどうでしょうか?

大切な人にはいつまでも元気でいてほしい、
脳卒中を未然に防げるならそうしたいと思いませんか?

日々の忙しさに流されて、本人からはなかなか
脳ドックの予約、受診をする機会は少ないと思います。

だからこそ、あなたの大切な人に「脳ドック受けたら?」
の言葉ではなく「脳ドック受けて来たら?」と
ギフト券を贈りませんか?

今すぐギフト券を贈りたい方はこちら↓
ヘルスギフト

閉所恐怖症と脳卒中どちらを選ぶ?選ばなくてもいいのです

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s

健康な人もさらに健康に!脳ドックのMRI

脳ドックの検査項目の一つにMRI装置に
入って撮影するMRI、MRAがあります。

MRIは脳を輪切りにしたように撮影し、
脳そのものの状態を観察できます。

つまり症状が出ていないような脳梗塞や脳出血を
発見でき、またMRAによって
脳や頚の血管を映し出すことが出来ます。

CTに比べて優れたコントラストを持ちMRIを用いて
脳ドックをするのが好ましいと言われています。

MRIはトンネル型が多く、閉所恐怖症の方は
入るのに抵抗感を持っているはずです。

脳ドックではMRIで検査するのは必須です!

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

つまりMRAでないと未破裂の動脈瘤や血管が
狭くなっているところを発見できないのです。

症状がない脳出血や脳梗塞を見つけられる
ことで、将来の脳卒中を防ぐことが出来ます。

未破裂の脳動脈瘤を見つけられることで、
将来のくも膜下出血を予防できます。

確かに、食事や喫煙、飲酒、運動に注意し脳卒中に
ならないように気をつけて生活を送ることも重要です。

しかし、食事や運動といったすべての生活において気を
つけていたから絶対脳卒中にならないと言い切れますか?

やはり実際に脳の状態や脳や頚の
血管の状態を調べないとわかりません。

健康な生活を送っていたからこそ、脳ドックを受けて
更に脳卒中の予防につなげ安心して生活を送りましょう。

閉所恐怖症の方必見!オープンMRIがあります!!

pl-2014291655789

狭くて暗いドーナツ状のMRIに30分も入っていられない
から、脳ドックなんて受けたくないと思っていませんか?

もし「未破裂の動脈瘤」や、「無症候性脳梗塞」が
あなたの頭の中にあったとしたらどうしますか?

そもそも、狭くて暗いドーナツ型のMRIに
入るか将来の脳卒中やリハビリの
つらさのどちらかを選ばなくてもいいのです。

どちらか選ばなくてもオープンMRIがあります。

このMRIなら閉所恐怖症の方も嫌な思いを
せずに検査を受けることが出来ます。

オープンMRIは広く解放された環境で受けられます。

オープンMRIがある施設で検査したい方はこちら↓
オープンMRI